DSC_5979.jpg

食と上手な付き合い方

​摂食障害カウンセリング

インテュイティブ・イーティング

registered-dietitian-rd-or-registered-dietitian-nutritionist-rdn (1).png
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​インテュイティブ・イーティング講師監修

過食改善プログラム

5/9 ~ 6/27

インテュイティブ・イーティングのレッスン、相談会、

LINEグループを通して過食を繰り返す生活を終わりにしませんか?

​こんな方に:

過食やむちゃ食いを繰り返す

食べることで罪悪感を感じてしまう

食に囚われたり食事に対して不安や恐怖を感じて、生活に支障が出ている

食べることに楽しさや満足感を感じられない体型に自信がない、

身体が醜く感じる

​詳細と申し込みはこちらから

fb coverのコピー.png
緑 茶 ウエディング フライヤーのコピーのコピー (2).png

参加者募集!
無料セミナー&座談会

​【摂食障害編】

「やせたい」から始めたダイエットから“ふつう”に食べられなくなっていませんか?
 

日本は拒食症や過食症等の摂食障害がアジア圏で最も多い国です。
 

ふつうに食べられないことは「自分が悪い」のではなく、できるだけ早く治すことが重要です。インテュイティブ・イーティングは米国発祥で病院でのカウンセリングにも導入されています。

3月16日 19:00-20:30

​以下のリンクからお申込みください

Intuitive Eating

インテュイティブ・イーティングは、ダイエットの様に食事制限をせず、身体と心に従う食事法。アンチダイエットとも言われ、エビデンスに基づくアプローチです。

IEは米国登録栄養士により考案されたもので、海外で注目を浴びています。アメリカでは病院での栄養指導にも導入さえれています。

 

IE は昔の日本人の食の考えに近く、丁寧に食事をとり、身体の声を聞きながら、体調を管理する方法です。

現代社会では、利便性を重視しがちの生活の中食べる事に時間を掛けたり心を込めることを忘れています。体重が少し増えたらダイエットするのはよくあることです。しかし、ダイエットを健康の為にと言いつつ、本当に身体に良い事なのでしょうか。偏った食生活や過剰な美意識で心身のバランスが崩れていく事になっていないでしょうか。

インテュイティブとは英語で“直感的”。栄養士、医者、テレビや流行のダイエットなど、外部の情報だけに頼らず、自分の身体の声を尊重しながら、心と身体を大切にすると言うことを強調します。

Mayuko Okai, MS, RD  
岡井 麻悠子
​米国登録栄養士、インテュイティブ・イーティング講師

”人の健康と幸せの手助けをしたい”

カリフォルニア育ち、 8年間に渡りロサンゼルスで病院の臨床管理栄養士を勤め、 仕事は安定してたものの病院職に不満を抱えていた ヨガを通じて自分と向き合う機会を与えられ病院を退職。

過食やダイエットで悩んでいるけに方にカウンセリングやリトリートを提供。

2020に帰国、 現在長野県在住。

 
IMG_2986.JPG
IMG_3078.JPG

Retreat

日常のストレスから抜け出し

心と身体をリフレッシュ

マインドフルネスを中心とした

”​心身”と”食”と向き合う合宿体験

Published Work

書籍:The Journal for Emotional Eating

エモーショナル イーティング

過食、ストレス食いを改善するジャーナル形式

購入

*英語版のみ

book cover peach.jpeg